第八回

全国志ビジネス
プレゼンテーション大会

あなたのビジネスが

時空を超え歴史を変える

開催日時:2020年11月28日(土) 12:00開演

場所:豊島区民センター 多目的ホール

最終予選会の結果を 下記からご覧になれます。

決勝の舞台に上がるプレゼンター達

  • 横田 寛  
    このままでいいんだろうか… そう感じてる個人・法人が、自らに起きていることを認識し、本来の力を発揮していく。「武者修行®︎プログラム」に参加していただくと、自ら考え未来を切り拓いていける”自走力”が身につきます。「どんな状況であっても、結果を出せる」そんな人財を日本中に育て、世界をよりよい場所に変えていく。そのために、挑戦します。

  • 中原 晴美  
    21世紀の多様性社会を生きていくための強い心を持つためには、身体からのアプローチが欠かせないと、ホリステックライフスタイルを研究。心や身体が弱いことで、やりたい事が出来ず、理想の人生を諦めている人へ、最後まで生命を活かす生き方が出来るように、心と身体を統合させるライフスタイルを啓蒙していき、誰もが自分の人生を誇りに思える社会を創造していきます。

  • 池永 みずき  
    私はこれまで不妊で悩むカップルの涙を数多く見てきました。私自身が将来不妊になるリスクを宣告された経験もあります。助産師の仕事を通して、健康に命を宿すには妊娠「前」からの準備が必須であることを伝えています。本大会では、私自身も一人の女性として、妊娠準備から、健やかな妊娠・出産を実現させ、自然な出産が世にとって価値あることを伝えます。社会全体で一丸となり、赤ちゃんを望むすべての人が、幸せに命を育める社会を創れるよう、挑戦します。

  • 飯田 夏代 
    東京都出身。生きる気力を失った人が、大勢の人に影響力を与える存在になる。それが「奇跡の合唱」です。自分らしさを模索する人に最短なのが、魂を共鳴させることです。あなたの「力」を取り戻し、人と繋がることで最大の力が発揮できるようになる合唱を提唱しています。国際協力機構(JICA)の業務に8年間従事。マンデラ元大統領追悼式で、南アフリカ国家を合唱。世界各地の人々、文科省・日本赤十字の有志ら累計6000人以上と合唱。
    魂を共鳴させて歌う合唱主宰
  • 村松 裕基 
    ITはこれから世界の常識になりつつあります。その一方でITの問題は幅広く深いため解決が難しく、出来る人と出来ない人の間で「IT格差」が生まれています。そのような方をサポートするためITの「??」が解決するまで寄り添う【オンラインサロン】を運営しております。私はこの世から「IT格差」を無くします。 そしてITの力で、SDGsにも掲げられている「誰ひとり取り残さない社会」を実現させます。

  • 平田 侑子 
    これから家庭を持つ女性、家族の健康を担う主婦、仕事を持つ女性の方々に、簡素でありながら手間暇かけて作る懐石料理をと通して、真の豊かさをお伝えしています。基本をしっかり学ぶことにより、和食の原点、生命の根源に気付きを与え、日本人としての誇りを取り戻し、真摯な生き方へと導きます。料理を通して、一隅を照らす人間となり、日本の国のお役に立ちたい、その想いで挑戦します。

  • 安達 紀明
    元自閉症の当事者として、作家として、発達障害で苦しむ方が、幸せに自立するためのサポートをしています。 自閉症だった頃は、抑揚のないつぶれた声をしていましたが、克服する過程で、声に感情を込められるようになっていきました。今大会では、心のこもった声に挑戦します。 実は私は過去15年くらいで、数回しか泣いた事がありません。大会終了後、大声で泣けたらいいな。

  • 佐々木 りえ
    生命活動において酵素はなくてはならないモノ。そして水も同じです。あらゆる水は繋がっていて私達のカラダの中にも水は流れています。それは地球の大海の一滴です。酵素教室を通してその大切さを伝え広げます。自分を見失っていた長い時間、沢山の方達から支え、生きる気付きを頂いてきました。今大会の出場は、今まで支え応援してくれた皆様に感謝の想いと新たな一歩を踏み出した瞬間を一緒に体感して頂けたらと思います。

最終予選の様子

YouTube Live

最終予選の様子 (YouTube Live)

八名の決勝戦進出のプレゼンターが発表されています。ぜひ、最後までご覧ください。